IKOISM

想いについて知る

2019/10/01

【IKOI GARDEN】19年新卒対談  松本拓也×坂本武尊

異なる事業所、異なる職種の職員さん同士で想いを語り合う対談企画『事業者間対談 IKOI GARDEN(いこいガーデン)』

第2回の今回は、2019年に新卒として入社した松本拓也さん、坂本武尊さんにインタビューさせていただきました。

どんな業界を志望していたのか?

その中で介護業界を選び、IKOIグループに入社した理由は?

入社後外部研修をはじめ、事業所での実習等を経て、介護スタッフとして、人事職としてキャリアをスタートさせたお二人にいろいろとインタビューをさせていただきました。

松本さん(人事部)
大学卒業後、2019年新卒入社。

入社後、新卒採用として初の本部配属として現在は人事部門で採用活動などを中心に人事業務を担当。

無類の巨人ファンであり、趣味は「無機質」なカフェ巡り。

 

坂本さん(介護職員)
大学卒業後、2019年新卒入社。

入社後、現場実習を経て、現在は看護・介護の2つのサービスを提供するナーシングホーム十和音藤阪にて介護スタッフとして活躍中。

新入社員研修を担当した本田より、「スペシャリストとして資質を兼ね備えているエース候補」として呼び声が高い。

筋金入りのサバゲー(サバイバルゲーム)好き。

*添付:ナーシングホーム十和音藤阪記事

 

 

本日はよろしくお願いします。まず「どんな就活してました?」というテーマでお二方にお聞きしていきたいと思います。就活を始めたのはいつ頃でしたか?

松本さん
大学3回生の3月からです。

就活解禁となった日にナビや企業からメッセージが届くダイレクトリクルート系のサイトなどに登録をしました。

あとは合同説明会に行ったりといった感じです。

坂本さん
私も同じ時期に同じようなサイトに登録したりしていました。

 

もともと介護業界を志望されていたんですか?

坂本さん
いえ、私は保育・教育関連の仕事に就きたいと想っていました。

子ども用品を扱うメーカーや教育関連まで幅広く見ていました。

 

なぜ子ども関連の業界を志望されていたんですか?

坂本さん
漠然とですが、【人と関われる仕事】をしたいなと想っていたんです。

人と関わることで、相手に何か価値あるものを提供して、結果自分の成長にもつながる。

そんなことをしたいなと思っていたのが元々のきっかけです。

 

「人と関わる仕事」を志望されていたんですね。松本さんはいかがですか?

松本さん
私は服好きだったのでアパレル業界を志望していました。笑

メーカーもそうですし、店舗での販売員などアパレル業界の中でも様々な立ち位置の会社を見て回りました。

理由としては坂本さんと似ているんですが、【人と関われる仕事】に就きたいという想いからでしたね。

 

子ども関連の業界、アパレル業界を志望されていたお二方がなぜ介護業界を志望するに至られたんですか?

坂本さん
私は、たまたま参加していた合同説明会でIKOIグループの方にお声がけいただき、企業説明を聞いたのがきっかけでした。

介護業界の説明もして頂いたのですが、その際中島社長もブースにお見えになられていて。

社長と言えば高齢なイメージで。笑 ですが、ものすごく勢いがあるなぁと感じて印象に残りました。なので介護業界に興味を持ったというより、中島社長はじめ、社員の方にまず魅力を感じたという流れです。

松本さん
私は大手のナビサイトを見て介護業界を知りました。

アパレル関係で選考を受けていたのですが、イメージのお話しになるのですが、自分にフィットするような会社と、出会っていない感覚があり・・・迷っていたんです。

その際に、自分が軸に置いていた【人と関わる仕事】を改めて見つめ直しました。

そのひとつが介護業界でした。
その後は介護業界についていろいろと調べました。

デイサービスだけとか介護施設だけの募集が多かったのですが、IKOIグループの場合は、本当に幅広い形態の介護サービスを提供していたので、いろいろなことに挑戦できそうだなと思ったのが選考に進もうと決めた理由ですね。

 

なるほど。他にありますか?

松本さん
あとは、海外展開にも視野に入れているところも大きかったですね。

面接でもお聞きしたのですが、アジア圏でも介護業界の成長率って実は伸びていたりすると。成長している業界で且つ海外にも挑戦する姿勢に触発されたと言いますか。(笑)

あとは介護業界の評価ランキングサイトも見て、評価が高かったので応募しました。(笑)

 

坂本さんにお聞きしたいのですが、介護業界のもともと持っていたイメージってどんなものでしたか?

坂本さん
ニュースや新聞などでも見ていたのですが、介護って大変でしんどそうなイメージがありました。

家庭での介護もそうですし、介護サービスを提供する会社もそうですし、難しそうと言いますか・・・。

なので正直敬遠していました。

 

確かに、世間のイメージって大変そうなイメージですよね。その後、選考を希望されたのはどんな理由があったんですか?

坂本さん
たまたま、祖父の介護を手伝う機会があったんです。

その時に喜んだ姿を見て、業界自体をのぞいてみようかなと思ったのがきっかけです。

 

松本さんはいかがですか?

松本さん
私も大変そうなイメージは持っていました。
親が介護職員をしていたということもあり、余計に大変そうだなと感じることが多くて。

ただ、アパレル業界で接客をしている自分をイメージした時に感じたことなんですが、接客をして買ってもらったらお客様との関係性がすぐに終わる印象だったんです。

一方、介護だと長期的にお客様に関われる。
自分は後者の方が良いなと思ったので、介護業界に挑戦しようと思いました。

 

面接時の印象に残っているエピソードとかってありますか?

松本さん
私が感じたのは、多くの企業は志望動機など一般的な質問を聞かれることが多かったんですが、IKOIグループの面接では、趣味の話に触れられて。

数多くの企業の面接に行きましたが、それが初めてでびっくりしたことを覚えていますね。(笑)

私がこれまでやってきたことも含めて、私という人間を見ていただけているような質問が多かった印象です。

 

坂本さん
私は緊張しない空間を作っていただけたなぁという印象ですね。

面接中に企業の方と仲良くなることはあっても、そこは面接なので一定距離があると言いますか、ビジネスライクな感じがしていたんですが、IKOIグループの場合は違いましたね。

上辺だけではなく、中身もちゃんと見ていただいたような感じですね。

 

入社後ギャップについて教えてください。実際に働いてみていかがですか?

坂本さん
研修制度が充実していると入社前から聞いていましたが、本当に充実しすぎていてびっくりしました。

複数の施設の訪問や資格取得のためのサポートなど余裕を持って取り組めました。

研修後の現場配属となってからは苦労することも多いですが、日々成長している実感とやりがいを感じています。

ハードな時もありますが、介助してる時にご利用者様からいただく「ありがとう」の言葉は感動しますね。

本当に嬉しいです。

日々ひとりひとりのご利用者様との関わり合いを深めていくことが求められますし、自分に何ができるのか?何をすべきか?を常に考えさせられる環境だなと思います。

だからこそ、自分で考えて行動した結果いただける「ありがとう」には、ご利用者様の想いが詰まった「ありがとう」だと感じています。

松本さん
同期が8人いるのですが、研修中にすごく仲良くなりました。

同じ体験を通じて苦楽を共にするので、絆が深まったと言いましょうか。
今はグループで初めて研修後の本部配属となり、人事を担当しています。

もともと介護業界に就職する際に考えていたことなんですが、介護業界の素人である自分だからこそ発信できることがあるんじゃないか?と思っていました。

それは将来ご利用者様になるかもしれない方々もそうですし、私のようなもともとは介護業界を志望していなかったけど、自分の軸を突き詰めていった先に介護業界という選択肢が出てきた学生の方にもそうですし。

自分が体験したことを発信していって、介護業界に興味を持っていただける方を増やしたいなと思っています。

介護の負のイメージを払拭して、業界自体の良さを伝えたいと思っています。

いろいろと裁量も任せていただいており、学生の方と話せることが嬉しいですし、成長させていただいている実感を日々感じています。

 

松本さん、坂本さんがお互いがお互いを漢字一文字で表現すると?という題でお答えください。

松本さん
坂本さんは・・・「配」ですね。

本当に視野が広いんですよ、彼。
研修中にも感じたことなんですが、周りへの気配りが半端ないんです。

相手目線を持っているからこそできるんでしょうね。

すごいです、本当に。
尊敬しています。(笑)

 

坂本さん
松本さんは「変」ですね。(笑)

もちろん、いい意味でですよ?
独特な雰囲気と考え方を持っているので、常に刺激をもらえます。

自分にない考え方なので、斬新と言うか新たな視点をもらうことが多いんですよ。あとは行動力がずば抜けているなぁと思いますね。

尊敬してます。(笑)

 

このテーマいいですね。(笑) 最後に3年後になっていたい理想像をお伺いしたいです。

松本さん
私は人事部の主任を目指しています。
新卒採用や中途採用、入社後の研修や社員ひとりひとりがモチベーション高く働けるような環境作りをしていきたいですね。

IKOIグループにはブレない理念があるので、その想いに共感をした職員の方々が活躍いただける環境を用意し、サポートし続けることが大切だと思いますので、そこを頑張っていきたいと思っています。

 

坂本さん
私は、管理者のような動き方を早いうちからできるようになりたいと思っています。

視野の広さや専門知識などまだまだ習得すべきことはありますが、そこに挑戦したいと思っています。

あとは人手不足という問題もありますのが、ご利用者様にやってあげたいことができていない現状を変えたいですね。

 

お二人の今後のご活躍に期待しております。
本日はご協力ありがとうございました!


 

現在IKOIグループでは「ご利用者様の居間所づくり」を一緒に考えていただける新たな仲間を募集しております。

弊社にご興味を持たれましたら下記リンクより各求人をご覧いただけます。
職場の見学だけでも大歓迎です!

皆さまのご応募をお待ちしております。

IKOIグループの採用情報はコチラから

エントリーはこちらから!

リクナビ
マイナビ